ヘッダーお知らせ欄

不動産投資は不労所得ではなく労働所得に近かった!

不動産投資 不労所得

戸建て5戸を運営している独身大家と申します!

私は自営業でご飯を食べており、将来に向けて国民年金に加入しておりますが厚生年金よりも支給額が少ないこともあり、国民年金だけでは足りないと思って不動産投資に興味を持つようになりました。

独身大家

不動産投資は不労所得そうと言う気持ちもありました

不労所得とは
直接労働しないで得れる収入という意味で用いられる事が多いですね。

不動産投資は不労所得ではなかった



不動産投資をしていると会社員の友人に「いいなぁ」と言われることがあります。

実は私も不動産賃貸業をする前は、大家さんって家賃が毎月貰えて楽そうだし憧れの職業?でした。

独身大家

大家って楽そう!

しかし、実際に大家になってみると想像以上にやることが多いなという考えに変わり、肉体的にも精神的にもそれほど楽ではないことを実感しました。

私は地主系の大家ではないので、物件探しから始めなければなりませんし、保有物件が空室になった場合のハウスクリーニングは大家のお仕事だったりします。

例えば、窓ガラスと雨戸、網戸を全部掃除すると総計60枚になるので、年末の大掃除並みの労力が必要だったりします。

特にひどい汚れのトイレ掃除はもう地獄絵図で、夏の場合は汗まみれで掃除しています。

ハウスクリーニング業者を利用すれば楽ちんなんですが、戸建ての場合だとハウスクリーニング代は10万円くらいのクリーニング費用が発生します。

コストダウンするにはこのような地道な企業努力も必要なわけです。

また連日営業しているのにも関わらず、空室が続くと胃が痛くなることもしょっちゅうで、家賃滞納や夜逃げなども頻繁ではありません100%起こります。

不動産投資のメリット

しかし、大家業ならではのメリットもあります。

保有物件がすべて満室状態で、物件に何らかのトラブルがなければ1か月間何もしなかったという事もあります。

独身大家

運営が上手くいっている時はヒマということ

通勤もありませんし、嫌な上司や生意気な後輩などもいないので辛い人間関係等とも無縁になりました。

気になる不動産投資のリスクも自己資金が貯まってきて融資を使わずに現金だけで不動産投資できるようになればローリスク・ミドルリターンの投資になります。

所有物件が少ない内は収益面もまだ不安定ですが、保有物件を徐々に増やしていけば、収益面も安定するようになってきます。

もちろん苦労する時もありますが、それは会社勤め人とまったく同じです。

ただ、会社員の給与は限界がありますが、家賃収入は意識的に増やしていけるのが不動産投資の醍醐味だと思います。

▼ 以下は関連コンテンツです。
家賃収入月30万円までの道家賃収入月30万円までの道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です