ヘッダーお知らせ欄

金持ち父さんになるために不動産投資を選んだ話

金持ち父さんになるために

地方エリアで戸建て5戸を運営している大家歴10年目になる独身大家と申します。

金持ち父さん 貧乏父さん

私が不動産投資を始めたきっかけはロバートキヨサキのベストセラーである「金持ち父さん、貧乏父さん」の本を蔦屋で立ち読みした事から始まります。

独身大家

不動産投資家あるあるです



当時は郵便局員としてきちんと働いていたので究極の貧乏ってほどではなかったですが、本を買わずに立ち読みしている事からお金は無かったんだろうなとその当時を推定できます。

その頃は郵便局勤務にて労働収入にうっすらと限界を感じていたところでした。

体力は年々落ちていくのに、配達する郵便の量は徐々に増えていたからです。

そこで「金持ち父さん貧乏父さん」の書籍を何度も読み返した後、私は決断し金持ち父さんになるために不動産投資をはじめた・・・というワケ。

金持ち父さん貧乏父さんシリーズは4冊あって、youtube大学で中田敦彦さんが金持ち父さん貧乏父さんの書籍を動画で要約してくれてます。

youtube大学で金持ち父さんを見る

ラットレースとは

金持ち父さん貧乏父さんの書籍を要約すると、労働収入だけのラットレースでは豊かになれないので、融資を受けて不動産投資する事によって資産形成をしてお金からの縛りを抜けていくという内容でした。

ラットレースとは働いても働いても一向に資産が貯まらない状態の事。
サラリーマンはだいたいそうです。

結局サラリーマンがラットレースを抜け出して豊かになるには、ビジネスオーナーになるか、不動産投資家になるかくらいしかないと感じました。

しかし、ビジネスオーナーになってお金を稼ぐのはかなりハードルが高く努力したとしても誰でも結果を出せるような甘い世界ではないという事。

独身大家

ビジネスオーナーは無理そうだ
でも、不動産投資であれば凡人の私にも出来るかも知れない

不動産投資からキャッシュフローを得る方法というのは一般サラリーマンであっても猛勉強して知識武装すれば戦える世界かも知れないと思ったわけ。

MEMO
不動産投資の良いところは、自分が欲しいキャッシュフローに合った規模の不動産を購入していけば良いところですね。

金持ち父さん貧乏父さん 不動産投資

私の場合は慎重な性格という事、不動産投資に興味を持った年齢が30代後半という事で、書籍で書かれていたように金融機関からガンガン融資を受けて物件を買っていくということは残念ながらできませんでした。

ということで私の場合は、まずは不動産投資用の自己資金を貯める事から始めました。

また、自営業というリスクが取れない属性でもあるので投資規模は大きくはなく現在は総投資額が小規模な3,000万円程度に収まっています。

独身大家

将来的には総投資額5000万円程度を目指してます

あまり大きなリスクを取れない人、または取りたくない人は借入金の割合をできるだけ低く(低レバレッジ)して投資するのが基本戦略となります。

私の場合は戸建て投資専門の不動産投資家を選びましたが、物件本体は現金購入してリフォーム代は日本政策金融公庫から融資を受けるというスタイルで物件購入を進めています。

よって平均すると自己資金の割合が約8割、借入金の割合が約2割くらいになります。

現在私が所有している戸建て一覧はこちら

資産形成を加速させる方法



上記でご紹介した投資スタイルはあくまでも私の例です。

もうちょっとだけ資産効率をスピードアップする資産を増やしていく方法を考えました。

独身大家

それは!
金融機関に追加担保を提供すること

初期の頃に購入した物件は順調に返済していくと、借入金銭残高が減っていくと担保に余力が出てきます。

このような物件を金融機関に追加担保として提供することで次の物件のための融資が受けやすくなりますし、より多くの融資を受けることができるようになるので物件取得のスピードが加速します。

MEMO
所有物件数が増えてきたら、運営にもある程度の余裕がでてくるので追加担保の戦略はありと言えるでしょう。

金持ち父さんの教え

私も公務員&サラリーマン生活が長かったので、不動産賃貸業に参入するのは正直言ってかなり勇気が入りました。

そこで私の心のスイッチを入れてくれた金持ち父さんの格言をご紹介します。

金持ち父さんはビジネスで成功するには5つの力が必要と言っています。

  • ビジョン
  • 勇気
  • 想像力
  • 不屈の精神
  • 忍耐力・継続力

ビジョン・勇気
なぜ自分が不動産投資をするのかを深く考えてみること。

おそらく郵便局は私が死ぬまで潰れない企業だと思うので務めていれば安月給ながら安泰していたと思うし、上司の命令に対して「ハイハイ」と素直に聞いていればクビにはならなかったでしょう。

しかし、私は安月給のまま人生を終えるのが嫌だった。

独身大家

貧乏人のままで人生終えたくない!

不動産投資は言ってみれば未知の世界で新しい挑戦で恐怖でしたが、自分の力で商売をしてみたい、もう少しお金があればと常々思ってました。

不屈の精神
私が不動産投資に興味を持っていることを母親に話すと大反対されました。

反対の声を押し切って始めたわけですが、やはり失敗も経験しています。

しかし、その失敗の経験を教訓として学んでやり続けて今があります。

忍耐力・継続力
お金持ちになるためには金融知識を勉強して、投資に時間をかけること。

私も早くお金持ちになりたいという欲望でFXの超ハイレバ投資などをやった経験がありますが、今から思えば無謀すぎました(苦笑)手っ取り早く儲かる投資などありませんね。天才君は別ですが・・・

最終的には忍耐力・継続力がものを言うんだなと感じています。

独身大家

今でも金持ち父さんが提言している5つの力をイメージして活動しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です