ヘッダーお知らせ欄

窓枠用リメイクシートDIYがおすすめ

このページでは、屋内の窓枠の木部をDIYでリフォームする方法をご紹介しています

窓枠 リメイクシート

基本的に窓枠の木部を綺麗にDIYする時は、綺麗に塗装するか窓枠リメイクシートを貼るかの2拓になります。

・塗装(ペンキ)
・窓枠用リメイクシート

従来は窓枠の木部のDIYする時は価格の安さコスパを優先して水性の白ペンキで塗装していましたが、今はやめました。

その理由は、白ペンキでも塗りたての時は綺麗なので満足度は高いのですが、木部に下塗りのシーラーを2回塗って白ペンキも2回塗っているにも関わず1年も経ってくると木から黄色いヤニが浮き出てきて見た目が薄汚くなってくるのです。

それで現在は塗るよりも窓枠用リメイクシートを貼る方が確実に綺麗に仕上がることから、窓枠の木部のDIYは塗装ではなく窓枠リメイクシートを貼ることに統一しています。

before


画像ではあまりわかりませんが長年の太陽光によって黄色に日焼けしている状態です。



after



独身大家

かなり綺麗な状態が長期間キープできるのが窓枠用リメイクシートの特徴です

窓枠のリフォーム作業風景



独身大家

楽天市場「壁紙屋本舗」で購入
色はホワイトオークを選びました

リメイクシートを貼る時の工具類


・カッターナイフ
・はさみ
・地ヘラ



今回利用したのが、壁紙屋本舗で購入した窓枠用リメイクシートの色はホワイトオークで、サイズは15cm×10mを選びました。

窓枠用リメイクシートを貼り地ヘラに沿ってカッターナイフで切っていくだけなので、横枠と縦枠併せて1時間程度で完了するお手軽なリフォームとなります。

商品価格は8800円(税込)で、塗装よりは若干高くなるものの見た目の仕上がり感は白ペンキよりも確実にリメイクシートの方がGOODです!

その他

before


after


窓枠で使用したリメイクシートが若干余ったので洗面化粧台の横の棚の木部にも貼ってみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です