ヘッダーお知らせ欄

ベランダ diy 塗装 自分でコーキングもしてみた!

ベランダ diy 塗装

戸建て専門の不動産投資家の独身大家で現在5戸を運用中です。

約3年間ほど空家状態だったガラボロ戸建て(物件3号)を320万円で買いました。
ベランダ diy 塗装

(防水性能が完全に劣化したベランダ)

長い間風雨にさらされ空家だったせいでベランダにほこりと砂がたっぷり溜まっていてその上にコケが生えている酷い状態だったので、まずは徹底的な掃除をする事からスタートしました。

ほったらかしで長い間太陽光や風雨にさらされたために防水塗膜が完全劣化している状態でした。

ベランダ床防水塗装

このページでは塗装初心者がベランダ塗装 diyして綺麗になっていく模様を実況中継していきます。

ベランダの防水塗装で使用する防水塗料の種類はいくつかありますが、ウレタン塗膜で防水層を作るウレタン防水塗装が主流です。

初めは塗装職人にベランダ塗装を依頼しようと思ってましたが、物件3号を買うために自己資金をほぼ使い果たしてしまった為にベランダ防水塗装は自分の労働力をつぎ込むことにしました。

ちなみに本格的にDIYをするのは物件3号が初めてになります。

ベランダ塗装の手順

STEP.1
掃除
まずはコンクリート面の砂・ほこりを除去する
STEP.2
コーキング
コンクリートのヒビ、クラックがあるところをコーキング補修していく
STEP.3
シーラー
シーラーを塗る(2回)
STEP.4
中塗り
塗装(2回塗り)
STEP.4
上塗り
トップコートを塗る

用意するもの

・コーキング剤(コーキングガン)
・シーラー
・防水塗料(水性塗料)
・トップコート専用塗料(水性塗料)
・ハケ
・ローラー

水性 シリコン シーラー

シーラーはニッペホームペイントを選択!

「水性シリコン下塗りシーラー2L」をアマゾンで3027円で購入しました。

ハケとローラー、塗料を入れるバケツは近所のホームセンターで購入しました。

コンクリート面の下地処理

塗装前のベランダの状態がこちらです。


水を流しながらデッキブラシで汚れをゴシゴシ擦り落としました。(労働力2時間投入)


コンクリート面にクラックが散見されたのでコーキングを打って補修!(労働力3時間投入)


その後、下地処理としてシーラーをローラーで2回塗りました。

乾燥時間は約3時間かけた後に2回目のシーラー塗りを実施。



ローラーにたっぷりとシーラー液を染み込ませます。



独身大家

防水塗装で一番重要なのが下地処理だったりします!
MEMO
シーラーを塗ることでこれから塗る防水塗料との密着性がアップします

ベランダ床防水塗装 中塗り

中塗り1回目
ベランダ防水塗装 中塗り

平地面はローラーで一気に塗り、コーナーの立ち上がりの部分はハケで丁寧に塗りました。

中塗り2回目


画像ではよくわかりませんが、2回目塗ると塗装面に厚みがでてきます。

ベランダ床防水塗装 上塗り

上塗り1回目


最後にトップノートを塗っていきます。



コーナーの立ち上がり部分をハケで塗ります。


平面部分はローラーで塗ります。



どんどん塗っていきます!



トップコートは1回塗りのみで完了です

独身大家

上塗りにかかった時間は約1時間程度です
トップコートの耐久性能
保護面であるトップコートが劣化すると、防水層も劣化しやすくなりますのでトップコートの塗替えは5年に1回は行うようにしましょう。

ベランダ塗装 費用

ベランダ床塗装の時に使用される塗料はウレタン系トップコートが多いですね。

ウレタン系トップコートで塗装した時の費用は、約1,700~3,000円/㎡が相場です。(あくまでも自分でDIYした場合で、塗装職人に依頼すると別途人件費がかかります)

今回ベランダ防水塗料には水性塗料を選びました。

まず価格的にも油性塗料よりも若干高いのですが、シンナーを使わなくても良いので水性塗料を選びました。

耐久性
従来は、水性塗料は耐久性能で劣ると言われていましたが、技術開発で水性塗料の耐久性能もアップしており油性塗料に劣らないようになってきました。

よって現在では「水性塗料=の耐久性が低い」ではないと思ってます。

まとめ
油性塗料は取り扱いが難しい塗料なのでどちらかというとプロ向けで、DIY初心者なら塗料しやすい水性塗料の方がおすすめです。

▼ 以下は関連コンテンツです。
シャッター塗装 diy 自分で塗る方法シャッター塗装 diy 自分で塗る方法 ガレージ床塗装 DIYの仕方と費用は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です