ヘッダーお知らせ欄

木製枠の引き戸をペイント塗装

木枠引き戸をペイント

築31年の戸建ての木枠の引き戸

2階廊下とLDKの間にある木製枠の引き戸なんですが、リフォーム後のLDKの床を木の茶色からグレー調のクッションフロア(CF)に変更したところ、引き戸の色と周辺のイメージとがちょっと合わないというか違和感を感じました。

平成築の戸建てにも関わらず木枠の引き戸から強力なレトロ感が出ているわけです。(汗)

このレトロ感をなんとか今風というかモダン調にしたいと思って工務店経由で建具屋さんにご相談させて頂いたところ、この引き戸は廃棄処分して引き戸を新しく作るしかないとアドバイスされました。イメージをあわせるようにデザインした引き戸を新調すると1戸あたり2.5~3.0万円、つまり両方で6万円程度(税別)かかると言われました。

うーん、引き戸に6万円は出せないな~と判断し、コストダウンのために木枠を明るい白ペンキで塗装して古臭いイメージを明るくイメージチェンジさせる事に決めました。

そこで、職人に木枠塗装を依頼したところ、そういうのはやってないとやんわりと断られました。(涙)

そういう訳で最終的に自分でDIYで塗装することに。

これなら塗料代の3000円と私の労働力だけですみます。

木部への塗装のやり方
まずは、ガラス部分に白ペンキがつかないようにマスキングテープでしっかりマスキングします。

そしてシーラーという液を下塗りした後に白ペンキを塗ります。(シーラーは2回塗りした方が良い)

シーラーを塗る理由
シーラーという液を塗ると木から浮いてくるヤニを遮断してくれます。

直接白ペンキを塗ると時間が経過してくると木部からヤニが浮いてきて白ペンキが黄色に変色してきて次第に汚い感じになります。

シーラーが完全に乾いた後に、白ペンキを塗っていきます。

白ペンキ完成!

作業時間は結構かかりましたね。

1、マスキングテープ貼りに4時間
2、シーラー2回塗りで5時間
3、白ペンキ塗りで6時間

トータルで15時間くらいはかかってます!

かなりイメージが明るくなりましたし、以前あったレトロ感は皆無になりました!!

マスキングテープを慎重にはがしていきます。

出来上がったので元の場所に戻しました。

独身大家

どうでしょうか?

部屋のイメージにもマッチしており個人的には気に入っているのですが・・・。

木枠引き戸塗装にかかった費用

  1. シーラー代 2,000円
  2. 白ペンキ代 3,000円
  3. 刷毛 500円/本
  4. 私の労働力注入 0円

計 5,500円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です