ヘッダーお知らせ欄

シャッター塗装 diy 自分で塗る方法

シャッター塗装 diy

シャッター塗装 DIY

今回は戸建て投資で購入した築古戸建て物件の薄汚れたシャッターをDIYで塗装して再生し生まれ変わらせます!

戸建て投資で行うセルフリフォームの中でも比較的簡単で自分で出来るのがシャッター塗装 DIYだと思います。 またシャッター塗装を塗装業者に見積もり依頼すると8万円の見積もり書が来てびっくりしました。まあまあ高かったので自分でDIYしよう!となりました。



シャッター塗装の費用

それをすべて自分でDIYすると約2万円で仕上がりましたので、プロの塗装職人にやってもらうよりも6万円の節約になりました。

シャッター塗装のおすすめ塗料

塗料には水性塗料と油性塗料の2種類あり値段的には水性よりも油性の方が安いです。 しかし、水性塗料の方が水道水で薄めることができるので作業は水性塗料の方が断然塗装しやすいですね。 外なのに水性塗料でも大丈夫なの?という心配な方がいらっしゃると思います水性塗料が硬化すると耐久性がアップしますので全然大丈夫です。

独身大家

初心者なら水性塗料をおすすめします!

また、水性塗料は基本的に鉄部にしか塗れませんので、シャッター塗装する前にシャッターの材質をチェックする必要があります。というのも最近はアルミ製の軽量型シャッターが主流になりつつあるからです。 シャッターの材質を調べる方法は磁石が便利です。 鉄製なら磁石がピッタリくっつきますし、アルミ製ならくっつきません。

注意
シャッターの材質がアルミ製だと塗装できませんのでご注意下さい

シャッター 塗装 方法

それではシャッター塗装方法を具体的に説明していきます!

1:洗剤で洗って汚れをきれいに洗い流す
2:鉄サビをケレンで除去する
3:マスキングテープで養生する
4:錆止め塗料を2回塗る
5:本塗り(4回塗り)

シャッター塗装の工程は主に上記の5つです!

特に、鉄サビの除去を徹底的にやらないと本塗りの仕上がりに影響しますね。

隅などの細かい箇所はハケで塗り、広い面はローラーで一気に塗り上げました。 日程的には錆止め塗料で1日、本塗りで2日間をかけて塗ったので計3日間かかりました。

計6回塗って疲労度はマックスレベルです。
塗装職人さん、ほんとに尊敬します!!

MEMO
雨の日や湿度が高い日は塗装できません
晴天の日、湿度の低い日に塗装して下さい。

錆止め塗装

戸建て投資物件5号のシャッター塗装前の下処理の錆止め塗装です
(錆止め塗装1回目)

錆止め塗料の乾燥時間
・夏期は2~3時間
・冬期は5~6時間

【錆止め塗装2回目】


錆止め塗装は1回塗りでも良いと説明書に書いてありましたが、より錆止め効果アップを狙いたいなら2回塗りの方が良いらしいです。

独身大家

今回は錆止め塗料が余っていたのでガッツリ2回塗りました!

シャッター塗装 本塗り



水性塗料の乾燥時間
・夏期は2~3時間
・冬期は5~6時間
今回シャッター塗装した時期は10月の秋頃でして比較的暖かい日が続いていたので約2時間程度で乾きました。
(本塗り1回目)
画像では刷毛を使って塗ってますが、この後ローラーに切り替えています。

シャッター 塗装 4回目の塗り



(トータル4回塗りで完成!)

BEFORE
AFTER

独身大家

戸建て投資物件5号も美しくなりました!

▼ 以下は関連コンテンツです。
ベランダ diy 塗装 自分でコーキングもしてみた!ベランダ diy 塗装 自分でコーキングもしてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です